文献コンテンツ

短外旋筋共同腱温存後方(CPP) アプローチによる人工骨頭挿入術においてステムは計画通りのアライメントで挿入可能である

1)堀米洋二 坂上敦 2)伊藤知之1)新潟県立燕労災病院 整形外科 2)富永草野病院 整形外科

近年、人工股関節全置換術(THA)や人工骨頭挿入術(BHA)において、多数の股関節低侵襲アプローチが開発され、耐脱臼性の高さなど良好な短期成績の報告が散見される。しかし、低侵襲に執着するあまりインプラントのアライメントが不良になれば、良好な中長期成績は期待できない。
本研究の目的は、股関節低侵襲アプローチのひとつである短外旋筋共同腱温存後方アプローチ(CPP)と、梨状筋のみを温存し共同腱および外閉鎖筋腱を切離した従来型後方アプローチ(PA)を用いて施行した人工骨頭挿入術(BHA)のステムアライメントを三次元的に比較し報告する。

※ここで紹介されている内容は、発表者個人の見解によるもので、弊社を代表するものではありません


このコンテンツはパスワードで保護されています。
閲覧するにはパスワードを入力してください。


パスワードを忘れた方へ

パスワードをお持ちでない方は必要事項を入力しお送りください。
確認後にパスワードをお送りします。

パスワードを請求する