文献コンテンツ

Backside Wear Analysis of Retrieved Acetabular Liners with a Press-Fit Locking Mechanism

1)&2) Ana Laura Puente Reyna, 3) Marcus Jäger, 4) Thilo Floerkemeier, 5) Sven Frecher, Karl-Stefan Delank, 1) Christoph Schilling, 1)&2) Thomas M. Grupp1) Aesculap AG Research and Development, 2) Ludwig Maximilians University, 3) University of Duisburg-Essen, 4) Hannover Medical School, 5) Martin Luther University Halle-Wittenberg

ライナーとチタン製カップとの間にマイクロモーションや適合性の欠如が見られると、バックサイドウェアを生じる可能性があり、これが高い確率の臼蓋底におけるオステオライシスや、それによって引き起こされる無腐性ルースニングにつながる可能性がある。今回の研究の目的は、ポリエチレンライナーのバックサイドにおける摩耗のプロセスを解明することであった。

※ここで紹介されている内容は、発表者個人の見解によるもので、弊社を代表するものではありません


このコンテンツはパスワードで保護されています。
閲覧するにはパスワードを入力してください。


パスワードを忘れた方へ

パスワードをお持ちでない方は必要事項を入力しお送りください。
確認後にパスワードをお送りします。

パスワードを請求する

この文献で使用されている医療製品