ムービーコンテンツ

THAにおける臨床経験/人工関節周囲感染症(PJI)からニュージーランドのセラミックベアリングのレジストリ生存分析まで ~My clinical experience in THA/From Periprosthetic Joint Infection(PJI) to New Zealand registry survival analysis of ceramic bearings~


このコンテンツはパスワードで保護されています。
閲覧するにはパスワードを入力してください。


パスワードを忘れた方へ

パスワードをお持ちでない方は必要事項を入力しお送りください。
確認後にパスワードをお送りします。

パスワードを請求する

セラミックオンセラミック摺動面は、ヨーロッパおよびアジアのいくつかの国で、人工股関節全置換術(THA)のマネジメントにおいて、メタルオンポリエチレン、セラミックオンポリエチレン、またはメタルオンメタル(小径ヘッドのみ)の信頼できる代替品と見なされています。 セラミックの使用を支持する主な理由は、関節の摩耗の減少と骨周辺の骨溶解性変化の制限です。これまでのところ、入手可能な観察データでは、セラミックオンセラミックベアリングの使用後の再置換率は低いことが示されていますが、破損リスクと関節音の発生に関する懸念が残っています。
関節形成術ナショナルレジストリを使用して、メタルオンポリエチレン(MoP)、セラミックオンポリエチレン(CoP)、セラミックオンセラミック(CoC)、またはメタルオンメタル(MoM)のベアリングの選択を評価しました–再置換リスクの違いに関連しています。
プライマリ―THAからのデータは、15年間にわたってニュージーランド共同レジストリーから抽出されました。 97,889の股関節が分析に利用できました。患者の平均年齢は68歳(SD +/- 11歳)で、52%が女性でした。この患者集団における追跡期間の中央値は9年(範囲、1〜15年)でした。
主要なエンドポイントは、何らかの理由での再置換でした。
このレジストリ調査は、ベアリング表面の材料が再置換リスクに関連していることを示しています。 MoMベアリングサーフェスは高い再置換率を示し、CoC THAは他のベアリングサーフェスと比較して最低の再置換率を示しました。低摩耗と高い生体適合性は、無菌性のゆるみの再置換リスクを低減するための考えられる理由です。 CoC THAで見つかった健康な線維性滑膜様の偽関節包が関節の長期安定性を維持し、深部後期感染症(PJI)の生体的負担を軽減すると仮定します。

※ここで紹介されている内容は、発表者個人の見解によるもので、弊社を代表するものではありません
出演・解説Rocco P. Pitto, MD, PhD, FRACS, Associate Professor of Orthopaedic SurgeryDepartment of Orthopaedic Surgery Middlemore Hospital and Manukau Surgery Centre University of Auckland, New Zealand
協 力CeramTec