文献コンテンツ

多職種連携による 大腿骨近位部骨折二次性骨折予防

瀧川 直秀 先生社会医療法人甲友会 西宮協立脳神経外科病院 副院長

高齢化が進む我が国において今後も脆弱性骨折の増加が予想されており、大腿骨近位部二次骨折予防という観点においても考えていく必要があります。そこで西宮協立脳神経外科病院 副院長 瀧川直秀先生に、先生が取り組まれている二次性骨折予防の手順、工夫、有用性などを、レポートを通じご教授いただきます。

※ここで紹介されている内容は、発表者個人の見解によるもので、弊社を代表するものではありません